STAP細胞は結局無かったの?

今日久々にSTAP細胞のニュースをネットで見ました。

簡単にニュースの概要を説明すると、「STAP細胞は作れなかった」というものでした。

今まで200回も成功したと言われる方法で小保方さんや他の研究チームがトライしたようですが、結局の所は作れなかったわけですね。

となると、やはりSTAP細胞は存在しないのか?

個人的に私は、この細胞にとても期待をしてました。

だって凄い発見だと思ったからです。

なのでSTAP細胞の報道がされた時、正直「何かの勘違いよね?頑張って小保方さん!」という側に立ってました。

でも結局今回のニュースを見る限り、やはりSTAP細胞は無かったんだと思います。

期待していた分、裏切られた感が凄いですが、どういう形でも良いので小保方さんにはちゃんと公の場で会見を開いてもらいたいと思います。

誰だってそうした失敗は大きさ問わずにあるものです。

だから会見を開いて謝罪する、それが彼女に出来る責任の取り方だと思います。

Posted in ニュース